2019-10-26UP!

夏までは毎月10曲以上書き続けて来ましたが、夏に1か月間作曲を休んで頭を休めて、9月からまた毎週の作曲を始めました。

月10曲書いていた頃は、1曲1曲にかける丁寧さがなかった事を反省し、今は1曲1曲を丁寧に試行錯誤しながら作っています。
メロディもコードもアレンジも、何度もやり直しながら、良いものができるようにと、手をかけて、心をかけて作り込みしているので、完成した時には毎回、「良い曲が出来た!これは決まる!」と思うのですが、なかなか厳しい世界で、そう簡単には決まりません。

某女性アイドルグループと某男性アイドルグループを中心にコンペに曲を出しているのですが、毎回500曲とか1000曲とか集まるそうです。
聴いて選ぶ側も大変ですね!

今日はまた某男性アイドルグループへの提供曲のメロディを、お風呂で瞑想しながら考えていました。
いつもサビのメロディは、お風呂で作っています。

まずは湯船に浸かりながら、瞑想をします。
瞑想の世界で、自分の神殿のようなところへと入って行くのですが、そこへ行くと必ずいるのが、私のガイドのジュリとピラです。

ジュリは髪がストレートでロング、髪の色は水色がかったシルバーで20代後半くらいの凛々しい瞳の青年。
ピラは髪の色がシルバーで、ストレートのおかっぱ頭。肌が緑色をした10歳くらいの少年です。

(↓ここからは今日の瞑想で見た映像です)

この2人はいつもいるのですが、他にも毎回違うガイドが登場したりします。

そして、今日登場したのは、初めて会う方で、トランプの王様のような見た目の人。
名前はキングと言います。
(ガイドの名前は、本人に尋ねたら本人が答えてくれます)

そういえば今日は、ジュリも、ピラも王冠を被っていました。
という事で、ガイドが3人とも王冠を被っています。

「どうして?」と尋ねると、
私が今作っている曲を歌うグループが、そのような名前のグループだからだと。
あ!なるほど!そういう事だったのか!と思いました。

ジュリは今日はプリンスとして登場したということです。

そして、どんなメロディが良いかと尋ねて、降りてくるのを待ちました。

いつも湯船でこうして瞑想しますが、このまま湯船に10分いても、良いメロディが降りてこない日もあります。

そういう時は、湯船から出てシャワーを浴びて、シャンプーをします。

今日もそうして、湯船から出てシャンプーをして、シャワーを浴びていました。

するとすると、シャワーで頭を流していると、頭の中でメロディが流れ出して来ます。
頭からシャワーを浴びている時に、メロディが出てくる事が多いです。
これは一種の滝行みたいなものなのかなと思ったりしながら、シャワーを浴びてメロディを頭の中で何度も流していました。

今日はお風呂にスマホを持ち込んでいたので、ボイスレコーダーに録音しました。

スマホを持ち込んでいない時は、何度も頭の中でメロディを流して、お風呂から出てから、ボイスレコーダーに録音しています。

こうして、日々メロディを考えています。

明日は今日浮かんだメロディをパソコンに打ち込んで形にして行きます。

事務所の社長から「1曲決まれば流れが来てどんどん決まるようになるので、まずは1曲決まるまで、自分のペースで良いので頑張ってください。」と励ましのお言葉をいただき、この言葉を胸にがんばり続ける日々です。

苦労して、苦悩して、生み出した曲が、決まらないという事が続くと本当に心が折れそうになりますが、それでも必ず名曲を生み出して、今の世の中へ何かしらチカラになれるような曲を書いて行きたいと思っています。

子ども時代、音楽に救われた事への恩返しです。

▼このページをシェアする▼
Copyright© イーリア Official Site All Rights Reserved.