2011-09-19

階段をひとつ
またひとつ降りて

私は見つけました
世界を見渡せる窓を

大きなまるい円の中に
小さな窓がひとつ

そこから見る世界は
とても美しく 輝いている

そして私は
微笑を浮かべて
そこで深い眠りにつきました

目覚めれば、ここは美術館。
胸元には、一枚のリーフ。
何か文字が書かれている。

名もない私に、誰かが名前をつけてくれました。
ローマ神話の乙女の名前を、私にくれました。

私の名前はイーリア。

▼このページをシェアする▼
Copyright© イーリア(ヒーリングミュージック・アーティスト) All Rights Reserved.