2017-06-13

去年は新しい出会いの多い年でしたが、今年はさらに新しい出会いがたくさん起きている年になっています。

そして、今年の出会いは、いままで縁することのなかった多種な業界の人々で、そんな人たちと新しく出会い、お話することにワクワクしています。

昔の私はとっても人見知りで、人と話をすることができませんでした。

「社会人になった今は誰とでも話ができるけど、小中学校時代は人見知りだった」という人に度々出会いますが、私もそんな一人です。

今でも、初めて出会う人への一声目は緊張してしまう時もあります。
でも全く緊張しないで、なんでも話せる時もあります。

その違いは何だろうかと考えると、自分のモードの問題なのかもと思いました。

「話すことが仕事だ」と思うと、普通に話せるのですが、お休みモードな気持ちでいると、初めて出会う人に声をかける事を緊張してしまいます。

でも、結果的にどちらが心地よいかといえば、仕事モードで話をした方が心地良いのです。
なぜなら、一言話を始めれば、相手からいろんな話が聞けて、自分の知らない世界が知れて、それが新鮮で楽しいのです。

「仕事モードにする」と書くと、頑張ってる感が出てしまいますが、実際は頑張ってるという感じではなくて、その方が楽しいので、もしかするともっと違う表現があるのかもしれません。
いまは思いつかないので、「仕事モード」としておきます。

だからこれからは、初めての人と会う時は、仕事モードにして行こうと思います。

▼このページをシェアする▼
Copyright© イーリア オフィシャルサイト All Rights Reserved.