Archive for the ‘小説「ベガの母船」’ Category

(ベガの母船01のつづきです) 「はじめまして。イーリアといいます。 私のことを知っているのですか?」 「もちろん。あなたのことを遠い宇宙からずっと見守っていました。まずはここから宇宙へと旅に出ましょう。」 その時、部屋   Read More …

小説「ベガの母船」を書き始めようと思います。 この小説は、思いついたままに書き進めて行くので、構成など何も決まっていません。 これからどんな展開になるのか、どんな結末を迎えるのか、書いている私自身も分かりません。 ただ、   Read More …