諸葛孔明の戦術

2016-12-13


諸葛孔明が戦いに使った戦術に「易」というものがあります。

「易」といえば、ジャラジャラと筮竹を使って占うものという印象が強いですが、易は知れば知るほど奥が深く、ただの占いと思えないもので、いろんなことに生かして行くことができます。

例えば、諸葛孔明は赤壁の戦いで「水」を使って勝利しています。
これは敵方の曹操が、易における「火」の人だったから、こういう方法を用いたといいます。
ちなみにこれは「敗北」という言葉の語源にもなっているようです。
南の座にある「火」が、北の座にある「水」に向かって行くことで負ける。
北へ向かうと負けてしまうので、「敗北」。

そんな易学に興味を持って学んでいるのですが、これからは学んだことを生かして行こうと思っています。

例えば私は易における「風」の人です。
「風」の人は、自由であることが何よりも大切です。
自由であれば、本来の自分を発揮して、良い流れに乗って行くことができます。

思い返せば昔の私は自由ではなく、本来の自分として生きておらず、良くない流れの中で生きていました。

しかし、大人になるに連れて、だんだん自由になって行き、自由になればなるほど、いろんなことが好転するようになりました。
だから、これからも自由さを追求しながら、この人生を楽しんで行きたいと思っています。

また周りの友達や家族が何の人なのかを調べてみると、なるほどと感じることが多くおもしろいです。

例えば、いまラジオを一緒にやっている西川進さんは、「火」の人です。
「火」の人は、情熱的で、赤を身に付けて華やかに着飾ると良いといいます。
まさしく、その通りの人生を歩まれている!と思いました。

そして、KAB.ちゃんは、「山」の人です。
「山」の人は、じっくりと積み上げて続けて行くと良いといいます。
こちらもまさしく、その通りの人生を歩まれてる!と思いました。

易が示す性質の通りに生きて行くと、良い流れに乗って行けるといいます。

なので逆に言うと、例えば「火」の人が情熱を抑えて、地味な格好で生きたとしたら、本来の自分ではなくなり、流れが悪くなってしまいます。

やはり、本来の自分らしく生きることが何よりも大切で、そして幸せなことだと感じます。

さて、みなさんは何の人でしょうか?
生年月日から計算できますので、気になる方は生年月日を教えてください。

オーラを見る

2016-10-18

オーラの泉がテレビで放送されていた頃、私もオーラを見てみたいと思っていました。

お友達から、「オーラはコツさえ掴めば、誰でも見れる」と教えてもらい、コツを教えてもらったら、私もオーラが見れるようになりました。

人の周りには7層くらいのオーラがあるようなのですが、今のところ、私が見えるのは、1層目だけで、調子がいいと2層目も見えるときがあります。

自分のオーラは、薄暗いところで指先を動かして、指先をじっと見つめていると見えやすいです。

人のオーラを見るときは、頭の上あたりを見つめていると見えやすいです。
薄暗いところで、背景が白いと見えやすいです。
モワモワっと広がり光っていて、その光の色を見る感じです。
なので明るい場所だと光が見えづらいので、暗いところで見るのが分かりやすいです。

私自身のオーラを見てみると、1層目は基本的に黄色で、時によっては黄緑っぽい感じです。
2層目が見えた時は、紺色っぽい色でした。

みなさんもご興味があればぜひ、白壁をバックにして薄暗い場所で見てみてください。

UFOを見る

2016-06-28

富士山とUFO

6月放送のラジオでお話しましたが、今日はブログでもう少し詳しく書き残しておきます。

UFOを見ようということで、UFO好きが集まりUFOを見る会をやりました。

この日は、スーパームーンで、場所は富士山周辺。
富士山周辺はUFOが出ることが多いようで、日にちも場所も絶好で、朝からワクワクしていました。

そして、この日は私たちの他にも数組、そのようなことで集まっている人たちがいたようでした。

UFOの観測場所は、ビルも建物も何もない広場。
そして目の前には美しい富士山。

観測は夜にしようということで、昼は富士山周辺の自然を満喫して、夕方にはバーベキューをしてみんなでワイワイと楽しんでいました。

そして、いよいよ夜に。
まず11時くらいに広場でみんなで空を眺めて、UFOを探しました。
それぞれUFOを見たいという気持ちを空に向けながら探していましたが、見えるのは飛行機の光や流れ星でUFOは見あたりません。
そろそろ部屋に戻ろうかと話していたその時、遂に1機のUFOが現れたようです。
しかし、私は別の方向を見ていて、このUFOは見逃してしまいました。
この時、私は心の中で、「今見れるよりも夜中3時くらいに見れた方がいいかな」と思っていました。
というのは、例えば映画でもクライマックスで楽しむように、最初からドカンと盛り上がって楽しんでしまうよりも、最後に盛り上がって行く方がいいと思っていたのです。
そんな私の心を宇宙人に読まれていたのか、この時UFOは私が見ている方向には現れてくれませんでした。

それから、一旦部屋へと戻り、みんなでUFOトークで盛り上がりました。
その後、1時半くらいに、そろそろもう一度見に行こうということになり、広場へと向かいました。
なんとなく出そうな気配はあったのですが、出現することはなく、また部屋に戻りました。

それから最後にもう一度、3時に見に行こうということになり、一旦仮眠していたメンバーもみんな起きて3時に広場に集まりました。

みんなで空を見つめていると、遠くで犬が鳴き始めました。
夜中なのに、動物が鳴く場合、それは、UFOが近付いているサインとの事です。
動物は敏感なので、UFOが近付いてくるとそれに反応して鳴くようです。
続いて、空からいろんな鳥の鳴き声が聞こえ始めました。
次に、広場の横にある鶏舎から、大勢の鶏が次から次へと鳴き始めました。
夜中3時に響く「コケコッコ〜、コケコッコ〜」
これはこれから凄いことが起きそうだと感じ、とてもワクワクしました。

次にある方角から風が吹いて来ました。
「風が吹いてくる方向から、そろそろ来る」
「来るぞ、来るぞ、、、キター!!!」
遂にUFOが出現しました!
次から次へと2種類のタイプのUFOが現れました。
これは本当に衝撃的で感動的な遭遇体験でした!
1種類は小さなUFOでジグザグに動いて行くもの、もう1種類は大きめのUFOでピカッと光ってすぐに消えるものでした。
それは、小さな花火のように広がりながらピカッと光って、消えて行くという姿を何度か見せて去って行きました。
UFOたちは、「いつも君たちを見守っているよ。見えない手助けを送っているよ。」と言ってくれているように感じました。
最後にUFOに向かってみんなでありがとうの気持ちを送り、部屋へと戻りました。

私がUFOだと確信できるものを見たのはこれが初めてです。
それも集まったみんな全員で見て、気持ちを共有したことがまたとても感動的でした。

みなさんも、富士山や山へ行った際には、UFOを想って夜空を見上げてみて下さい。
もし何も見えなくても、そこに見守ってくれている存在がいるのではないかと、私は思っています。

ベガの琴笛 制作秘話

2016-03-06

蘇るベガの記憶
優美なる宇宙の歌
・・・そこは地球ではなく
ベガ星だった

CLEAR EARTH ベガの琴笛

昨年11月にリリースしましたCD「CLEAR EARTH〜ベガの琴笛〜」の制作秘話を書こうと思います。

ここからは私の想像の世界が繰り広げられますので、どうぞお付き合い下さい。
このお話は、現実とフィクションが織り混ざっています。

このCDは、私がかつてベガ星で何かの生命体として生きていた記憶を蘇らせて創作したものです。

私がベガ星にいた事を思い出したきっかけは、カールセイガン著の映画「コンタクト」を見たことです。
この映画の舞台として最後の方に海が美しい星が出てきますが、この星がベガ星です。

この映像を見たとき、私はなんとも言えないような深い郷愁を覚えました。

「私はかつてここにいた」

そんな気持ちが蘇ってきました。

「私はこの星で、海の中で生きていた。
鱗状の1本の足で、長い長い体をくねらせて泳いでいた。」

そんなイメージの記憶が蘇ってきました。

この記憶を辿り、CDを作ることにしました。
そうして完成したのが、「CLEAR EARTH〜ベガの琴笛〜」です。

「蘇り」に出てくる龍は、かつての自分であり、時のない世界だけで出会える旧友のような存在です。

「Amazing Space」で歌っている、「まだ見ぬ宇宙の秘め」をそろそろ見られる日が来る予感がしています。

みなさんは、遠い昔、どの星にいたでしょうか。
自分の出身星は、地球ではないかもしれません。

スターウォーズ

2016-02-01

スターウォーズ フォースの覚醒を見てきました。

スターウォーズといえば、幼稚園時代に意味も分からず映画を見て、幼稚園のみんなでスターウォーズのテーマソングをピアニカで演奏する発表会をしたことが思い出深いです。
あの時に教わった音階がずっと頭に残っていて、あのテーマソングを聴くと、「ドーソ ファミレ ドーソ」と音階が出てきます。

そんなスターウォーズですが、あれ以来、映画をちゃんと見たことがないまま、流れを分かっていないままで、フォースの覚醒を見に行きました。

2時間半ありましたが、時間があっという間ですごく引き込まれ、とっても面白かったです!
前作も見たくなり、家に帰って見ました。

スターウォーズってこんなに面白い映画だったとは、もっと前から見ておけば良かったと思いました。

宇宙戦争、これからほんとに起きてもおかしくはないし、ほんとに過去に起きていてもおかしくはないなと思います。

光と共に生きようとも、人はいつダークサイドに堕ちるか分からないものですね。

フォースは、きっと誰もが持っているものだと思います。
私も自分の中にあるフォースを覚醒させて、たくさんの癒しの歌を作って届けて行きたいと思いました。

ノアの箱舟

2015-03-06

773662_21272238
それは昨日見た夢。

映像が強く印象に残っているので、ブログに残しておきます。

大自然が広がる美しい景色の中、標高の高い高原の広場に100人くらいの人が集まっていました。
みんなそれぞれ遊んだりしている中、私は空を見上げていました。

ずっと空を眺めていると、大きな光る物体が。
それはとても大きな円盤型のUFOでした。

UFOはどんどんこちらに近づいて来て、この草原に降りて来ました。
そこから私たちを迎えに、宇宙人が降りてきました。

「ワー!!」と歓声をあげて歓ぶ人
「オーッ!!」と驚き怖がって逃げる人

私は、これは「ノアの箱舟」じゃないかと思い、歓んでいる側の一人でした。

降りて来た宇宙人がどんな顔をしていたかは思い出せないけど、初めて宇宙人と会って、なんだかとっても楽しい夢でした。

そういえば映画「ノア 約束の舟」を見たいと思いながらまだ見ていない。

HAYABUSA PV

2012-05-30

HAYABUSA

イーリアオフィシャルチャンネルにHAYABUSAのPVもアップされました。

広大な宇宙の映像に乗せて、新曲「HAYABUSA」を聴いてみてください。

思い返せばこの曲を作ったのは、はやぶさが地球に帰還する前でした。

ちょうど2年前に、プラネタリウムに行ったときに、初めてはやぶさのことを知りました。
星の投影の後、小惑星探査機「はやぶさ」の映像が上映されていました。

幾多の困難を越えて、はやぶさは7年の時を経て、もうすぐ地球へと帰還するという、この物語を見て感動し、はやぶさの曲を作ろうと決めました。

広大な宇宙をさまよい、長い時を経て、闇の中から息を吹き返し、地球へと帰還したはやぶさ。

最後の力を振り絞って、地球へと帰還し、美しく散ったはやぶさ。

はやぶさが帰還したとき、最後に映した地球の映像がいまも脳裏にはっきりと焼きついています。

私もまた、はやぶさのように、何があってもその使命を全うするような生き方をして行きたいです。

 

金環日食

2012-05-21

金環日食

今日は、待ちに待った金環日食でしたね。

天候がよくなく見れるか心配でしたが、東京各地では綺麗に見えました。

私はちょうど、7:30あたりに家の玄関前で見ました。

とっても美しいリングで、感動のひとときでした。

こうして宇宙の神秘現象を見ると、本当に私たちは大宇宙の中で生きているんだなと感じます。

普段は、この宇宙がどれだけ広くて、この地球での時間がどれだけ短いのか、なかなか考えることはないけれど、こうして宇宙に目を向けると、そういったことに思い耽ります。

私たちの知らない世界が、まだまだたくさん宇宙の中に存在していて、そんな様々な存在の影響を受けながら、私たちは生活をしているのかもしれないなと思います。

金環日食が起きた今年。
何かが起こりそうな、そんな予感がします。

 

Copyright© イーリア(ヒーリングミュージック・アーティスト) All Rights Reserved.