幼少期の不思議体験の謎

2016-11-14

私は思い返せば、3才くらいの頃から大人になるまで、この地球で生きることの難しさを感じ悩んでいました。

幼少期の私はいつも、誰から教えられたわけでもなく、近所のお地蔵さんのところへ一人で行って、お祈りをしていました。
幼稚園でもらうお菓子を全部食べずに1つ取っておいて、それをお供えして祈っているという、不思議な幼稚園児でした。

精神世界でよく言われるお話なのですが、現在の自分が、過去の自分にも影響を与えることができるといいます。

現在の自分が、過去の自分にも影響を与える事ができるのなら、大人になった今の私が、時空を越えて、幼い私のところへと行って、ヒーリングをしてみようと思いました。

そうして私は、非物質の意識だけの状態で、幼い私のところへと飛んで行きました。
両手から温かな光を発して、幼い自分を全身包み込みました。
そうして、また現在へと戻って来ました。

その時、不意に、幼少期に何度も経験していた不思議体験を思い出しました。

幼稚園時代の私は、毎晩眠ると悪夢を見ていたのですが、お昼寝の時だけは悪夢を見ることなく、心地良い眠りについていました。

しかし、不思議なことに、お昼寝から目が覚めると、自分の両手だけが、30代くらいの大人の手になっているのです!
お昼寝から目覚めると、このようなことを何度も体験していて、いつも不思議でした。
両手だけが、自分の幼い手ではなくなり、大人の手になっているのです!
でも、そんなことを周りに話しても誰も理解はしてくれません。
小学校に上がったくらいから、そのような経験はなくなりました。

そして、今、現在。
あの手は、大人になった今の自分の手だったのかも、と思いました。

そう、今の私がヒーリングをしに行って、両手で包み込んでいる、この手の感覚が、幼い私の手に強く残っていたのかもしれません。

もし、いま現在の自分が、過去にも影響を与える事ができるとしたら、みなさんは何をしますか?

ヒーリング

2016-10-15

20代の頃から代替医療に興味を持ち、キネシオロジーやホメオパシーやフラワーエッセンスなど、いろんな代替医療を体験してみたりしていました。

代替医療に興味を持ったのは、私自身がアレルギー体質で、一生アレルギーの薬を飲み続けなければならないということに疑問を持ったことがきっかけでした。
代替医療を使い、アレルギーが良くなる経験もしました。

その中で、自分でも何か一つできるようになりたいと思い、ヒーリングを学びました。
矢追純一さん、秋山眞人さんから数種類のヒーリングを伝授していただ、歌を歌う際にはヒーリングエネルギーを込めるようにしています。

ヒーリングというと、人によっては何やら怪しく思う方もいるかもしれませんが、なんとなく癒されるものだと思っていただければ分かりやすいと思います。

私が学んで特に興味を持ったヒーリング法は、遠隔ヒーリングです。
距離など関係なく、手を触れることなくヒーリングができます。
一般的に分かりやすい言い方をすると気功みたいなものでしょうか。

これは歌にも生かせると思い、歌う時にヒーリングしながら歌うようになりました。

これから次作は、もっとヒーリング寄りの音楽を入れて行こうと思っています。

Copyright© イーリア オフィシャルサイト All Rights Reserved.