2017-01-26

私の音楽の原点と言える尊敬する方から
「一緒にがんばりましょう」
とのお言葉をいただきました。

色紙に書いていただいたメッセージ。
これは、私の宝となりました。

振り返れば、たしか11歳くらいの頃だったと思います。
希望を持てずに暗い日々を送っていた私に、一筋の光を与えてくれたのが、この方の音楽でした。

それまでは、私にとって音楽というものは、数ある娯楽の一つに過ぎなかったのですが、ここからガラリと変わりました。

音楽は人に希望を、エナジーを与えるものなのだと思いました。
そんな音楽を私も作って歌って、希望を与えられるような人になりたい!と、子供ながらに強く決意をしたことを覚えています。

それまで、将来の夢は特に持っていなかったのですが、この時から、シンガーソングライターになるという大きな夢であり、目標ができました。

目標を持つと、人は強くなるものですね。
それから、若き日の苦悩を昇華させるかのように、作詞をしたり、作曲をしたりして、14歳の頃に初めてオリジナル曲をヤマハのオーディションに送りました。
まだ楽器を何もしていない頃で、カセットテープにアカペラで一発録りをしたものでした。
かなり雑な出来栄えでしたが、それもまた良い思い出です。

曲を作るようになってから、もう一つの目標ができました。
それは、「永遠に残るような名曲を書く」ということ。

いつでも私の目標は大きいのです。
目標は大きいくらいがちょうど良いと思っています。

目標に一歩一歩近付いて行ければ、一歩一歩強くなれる気がします。
元々は希望を持てない、とっても弱い少女だった私が、大きな目標を持って、一歩一歩進んでここまで歩いて来れました。

その原点は、このメッセージをくれた、あの方の音楽です。

感謝とともに、私もそんな音楽が作れるように、がんばろうと思いました。

「一緒にがんばりましょう」
嬉しいお言葉をありがとうございます。

▼このページをシェアする▼
Copyright© イーリア(ヒーリングミュージック・アーティスト) All Rights Reserved.